ブログ記事のタイトルの決め方~簡単キーワード選定手順7ステップ~

ユーザーとGoogleの興味を引くブログ記事タイトルをつけたいですか?ブログの記事タイトルの決め方にはセオリーがあります。この記事ではそれをわかりやすく、流れで説明しています。素敵なタイトルの決め方を知りたい方は読んでみてください。

okoblo

okoんにちは。マイナスからブログを始めたオコブロです。

あなたの現在位置

このブログは「最初の記事から順に読めば誰でも収益を得られるwordpressブログを作れる」というコンセプトで運営していいます。順に読んでくれている方の現在位置は「執筆前の準備期間」です。




この記事にたどり着いた方は

あなたはこんな方?

  • ブログ記事のタイトルの決め方が知りたい
  • キーワード選定について知りたい



という方ではないでしょうか。



この記事を読めば

この記事でわかること

  • ユーザーの目を引くブログタイトルの決め方
  • 具体的なキーワード選定の方法


について知ることができます。



僕が実際に行っている方法、具体的にわかるようにこの記事のタイトルをつけるまでの決め方を流れで書いていきますので是非最後まで読んでいってみてください。



okoko

記事のタイトルがとっても重要とは聞くけれど・・・キーワードの選定方法がわからない

okoblo

キーワード選定の方法と魅力的なタイトルの決め方も一緒に説明していきます。

キーワード選定をして魅力的なタイトルの決め方の結論


先に結論を書いてしまいます。

僕は

Ubersuggestでキーワードを選び
数字や「?」などを入れてタイトルをつける



という方法でキーワード選定を行ってからタイトルを決めるという作業を行っています。


具体的に説明していきます。


構想からタイトルを決めるまでの流れ



「こんな記事を書こう」と考えてからキーワード選定をしてタイトルを決めるまでの僕の流れはこんな感じです。

タイトルを決める流れ

  • どんな記事を書くか考える
  • 検索されるキーワードを想像する
  • 想像したキーワードに最も近いキーワードをUbersuggestで探す
  • Ubersuggestでキーワードを決める
  • キーワードを含めた仮の記事タイトルをつける
  • 記事を書く
  • 最終的なブログ記事タイトルを大決定する


という段階を踏んでタイトルを決めています。

それぞれ説明していきます。


どんな記事を書くか考える

okoblo

この記事のタイトルを使って説明していきます。





僕は今

「ブログタイトルのつけ方の記事を書こう」


と思っています。



ブログタイトルだけについて書こうと思っていましたが、タイトルを決めるにはキーワードを決めることがもっとも大事なので

「キーワードの決め方の話も一緒にしてしまおうかな・・・」


とふわっと考えています。


検索されるキーワードを想像する





キーワードは「記事とユーザーを結びつける」という大切や役割を持っているので、これから書く記事内容を知りたいユーザーがどんなキーワードをGoogleの検索窓に打ち込むのか想像します。




記事のテーマは大きく分けると

  • 記事タイトルのつけ方
  • キーワードの選び方


という2つになるのでそれぞれで検索されそうなキーワードを想像します。


①「記事タイトルのつけ方」で検索されそうなワード

ブログ タイトル コツ つけ方 決め方 題名 方法

②「キーワードの選び方」で検索されそうなワード

ブログ キーワード 選び方 選定 方法




だいたいこんなものかなーと思っています。


okoko

だいたいのアテをつけておくのね!

Ubersuggestでキーワードを決める

Ubersuggestトップ画面




Ubersuggestへ行って大きなキーワードの「ブログ タイトル」で調べてみます。




Ubersuggestで概要を確認



すると「ブログ タイトル」の概要がでてきます。

①検索ボリューム


直近一か月で検索されている回数です。


この数字が多ければ多いほど「検索されている回数が多い」ということなので、需要があるキーワードということになります。


需要が多い方がいいように思えますが、需要が多いとライバルも多くなり、始めたばかりのブログだと検索上位を狙うのが難しくなります。

okoblo

ある程度のボリュームは欲しいけど、ボリュームが大きすぎるとライバルも多い

②SEO難易度


競合するライバルが多いと数字が大きくなります。この場合「易」の評価なのでそんなに競合はいない感じですね。

okoblo

初めの内はSEO難易度は低い方がいいです。

③有料難易度


有料で広告を出している人が多いとこの数字が大きくなります。



Google検索したときに、検索順位の前に入ったりする「広告」ですね。この場合「易」の評価なので広告を出している人はそんなにいない感じですね。



okoblo

SEO難易度と同じくこれも低い方がいいです。

④クリック単価


この数字が大きいほど「価値のあるキーワード」=「お金に換えやすいキーワード」をいうことになります。


この場合0円なので価値は低いキーワードですね。でも書きたいので書いていきますよ 笑



Ubersuggestの概要をいったんまとめ

Ubersuggestを一旦まとめ

  • 検索ボリュームとクリック単価の数字が大きく、
  • EO難易度と有料難易度が低い
  • キーワードが良い





ということになります。



で、ここまではUbersuggestの概要の見方です。



僕が書きたいのは「ブログタイトルのつけ方」なので「ブログ タイトル」に続くキーワードはないか探していきます。


ブログタイトル 決め方 というキーワード



画面を下にスクロールすると「ブログ タイトル」と一緒に検索されているキーワードが検索ボリューム順に並んでいます。




「付け方」よりも「決め方」の方がボリュームが大きいので「ブログタイトルのつけ方の記事を書こう」と思っていた方のキーワードは「ブログ タイトル 決め方」に決定です。



okoblo

「つけ方」よりも「決め方」の方がいい感じです。

okoko

ちょっとした言葉の違いで結構違うものなのね



同じ作業を「キーワードの決め方の話も一緒にしてしまおうかな・・・」という方でも行うと「キーワード決め方」「キーワード選び方」よりも「キーワード選定」の方がボリュームが大きかったので「キーワード選定」をもう一つのキーワードにします。




するとこの記事のキーワードは


最終的に決まったこの記事のキーワード

ブログ タイトル 決め方 キーワード選定



と決めることができます。



このキーワードだと



「ブログ タイトル 決め方」でも引っかかりますし、「キーワード選定」でも引っかかります。「ブログ タイトル 決め方 キーワード選定」で検索した人にはかなり引っかかります。



という感じ。



okoblo

単一のキーワードをビッグキーワード、複数のキーワードを組み合わせたものを複合キーワードをいいます。

okoblo

複合キーワードだと検索ボリュームは下がりますが、ユーザーとのマッチング率は高くなります。

okoko

少数だけど求めている人に記事が届きやすくなるってことね!

キーワードを含めた仮の記事タイトルをつける




キーワードが決まったので仮のタイトルをつけていきます。

タイトルには

魅力的なタイトルを決めるコツ

  • 全てのキーワードを入れる
  • キーワードは前の方に入れる
  • 数字を入れる
  • 「?」を入れる
  • 記事内容対象レベルがわかるアナウンスを入れる
  • 32文字以内にする




というコツがあるのでそれに従います。
解説が必要なものだけ簡単に解説します。

キーワードは前の方に入れる



キーワードをタイトルの前に集めるとそれだけキーワードがユーザーの目に入りやすくなります。

okoko

検索結果画面で目に入りやすいわね

数字を入れる



数字を入れることで具体性を増すことができます。


よく目にするのは「おすすめ〇選!」「〇つの方法!」というやつですね。


100選とかだと「そんなに読めないよ!」と思われたりします。



記事の内容にもよりますが、数が少ない方が具体性は増します。極端な話、「おすすめ1選」というのもアリです。僕の最初のブログでは1選を多用していました。


「?」を入れる



「?」はとても使いやすいです。


ユーザーが悩んでいそうなことを問いかけることでユーザーの目に入りやすくなります。



「ぐっすり眠れてる?」「タイトルが決まらない?」「まだやってないの?」などと、問いかけ、共感、煽り、などさまざまな使い方ができます。



文字の中に記号が入っているという意味でも目が行きやすいです。


okoko

「あたしのことだ!」ってなるとつい読んでしまうね

32文字以内にする



記事タイトルは多くの場合パソコンの検索結果の画面には32文字しか表示されないので32文字以内にすることがセオリーです。


okoko

せっかくのタイトルも検索結果画面に表示されなきゃ意味ないもんね





そんな考えに照らしていくと

ここまでの作業で決まったこの記事のタイトル

ブログ記事のタイトルの決め方~簡単キーワード選定手順〇ステップ~



という仮のタイトルが決まります。ちなみに「簡単」で記事内容対象レベルがわかるようにしています。ブログ初心者の方に向けた記事なので「簡単」にしました。



記事を書く



記事を書いていきます。


タイトルから大きく離れないように書いていきますが、書いている内にタイトルから外れてしまっても「キーワード」をそのままにまたタイトルを考えればいいので好きに書きます。



書いている途中で「タイトルの決め方」と「キーワード選定」はそれぞれ別の記事にすればよかったなと思っていますがここまで書いてしまったのでこのままフィニッシュを迎えます。




okoblo

タイトルは変えてもキーワードは変えない

最終的なブログ記事タイトルを大決定する


最終的に大きく外れない記事になったのでタイトルはそのままで「〇ステップ」が7ステップということが分かったので数字を足して具体性を上げ、


大決定したこの記事のタイトル

ブログ記事のタイトルの決め方~簡単キーワード選定手順7ステップ~




というブログのタイトルになりました。

どんなジャンルにも代用可能


このブログタイトルの決め方、キーワード選定の方法はどんなジャンルでも応用可能です。

例えばバイクツーリングにヘルメットのおすすめを紹介する記事を書く場合は

「バイク ヘルメット」と「ツーリング ヘルメット」でどちらがキーワード的に良いのかを比べたり、「選び方」なのか「おすすめ」なのか「最新」なのかなど+アルファのキーワードを入れたりすればオッケーです。



okoko

どんなブログにも応用できるのね

okoblo

キーワード選定の方法を学習しても、それを自分のブログに反映する方法がわからなかったので今回記事にしました。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

実際に記事を書きながら僕が今まで勉強してきたことをアウトプットしてみました。


記事のタイトルやキーワード選定に関して色々勉強してきましたが、実践しているのはこれくらいのことです。


今後別記事でそれぞれ深堀して記事にするかもしれませんが、それは今必要なことではないと思うのでこの記事ではここまでとします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA